顔晴れ とは。

2009. . 27
いかがお過ごしでしょうか?
先日体調を崩したり、いろいろありなかなかここに書き込むことができませんでした。


ちょっと今日はいつも使っている言葉をひとつ時間があるので。

いつも自分のブログに

「顔晴れ」


と言う言葉を使っています。

この言葉とであったのは今から4年ぐらい前ですかね。 私の叔母からです。当時まで私は個人的に「頑張る」と言う言葉が嫌いでした。

自分が好きで目標に向って何かをやっているのだから頑張ってやって当たり前だろ。と言うことがいつもあり人に言われるものじゃないと思っていました。 これについては大学時代のスキーのコーチともぶつかったことがあります。

しかし「がんばる」という言葉の必要性は社会に出たときに深く感じました。ここを踏ん張らないとどうしようもない!と言うときにはやはり「がんばる」しかないんですよね。


少し矛盾してしまいますが、その「がんばり」を

「顔晴れ!」


に変えてあげると。。。
その内容が少し変わってくるような気がします。

頑張れ→顔晴れ→顔を晴れ(目標に達成する)にする為には
→一生懸命になる→強い信念を持つ→自分を信じてあげる(自信)
→今できる限りことを精一杯してみる。

と言うように僕はいつも解釈しています。
最終的には皆さんが言う「頑張り」に似るのですが、「顔晴り」のほうが本当に「がんばれ」そうじゃないですか?


いつ僕にも本当の笑顔に到達できるのかわかりません。

でも前に一歩ずつ進んでいくしかないですよね。


一意専心 顔晴ります。

 

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • Only the blog author may view the comment.

trackback

trackbackURL:http://naitro.blog125.fc2.com/tb.php/76-0d849a81