プロモーションの難しさ。

2009. . 13
ようやく忙しい2週間が終わりました。 
怒涛のように過ぎていった楽しいようでしんどかった日々でした。
様々な人と出会い、学び、自分の未熟さを再確認したりとてんこ盛りな日々でした。

もちろん学業のほうも力を入れていましたのであしからず。

まず週末に足を伸ばしたのはSunday River Resort というMaine州にゴーグルの販促活動でした。
そこではNastar Ski Racing のFainalが開催されました。
活動内容としては土曜日曜日に大会中にテントを設置して販売という形だったのですが、少し苦戦してしまいました。

事前の情報(大会のスポンサー契約時)によると土曜日の予選で観客を含めて800人から1000人。
ファイナル、日曜では様々な予選会を勝ち抜いた選手を含め1000人程度という報告を受けて2日間の販売予想が5000ドル以上ということを推測していたのですが現実はかけ離れていました。

上記の条件を提示してスポンサーシップを契約したのですが、実際土曜日の参加者はJrを含め45名から50名ほど。 ファイナルにいたっては30名ほどでした。

どのようにしたらNastar側がこの様な内容で首を縦に振ったのが予想外でした。 クレーム対象ですね。上司に報告済みですが。

しかし出会いや学ぶべきものが多くありました。


まずは一緒に帯同していただいたパートナー。 実はこの方、ダウンヒルのオリンピックスキーヤー。
色々な話をさせていただきました。基本雪上とバーでどのようにまだなの知られていないプロダクトを競合ブランドがひしめくマーケットに参入していくか。
また消費者になりうる可能性のある方とのコミュニケーションのとり方。 そのなかでのプロダクトのPRの仕方。

ブランド戦略としてはクオリティーの高さを前面に出して、他社との差別化をはかっています。
すわなち、マーケットとしてはハイエンドクラス。 こちらで言うと競合ブランドはオークリーになります。
確かにデザイン性や周知度など劣りますが、レンズなどの性能の高さはピカイチです。

また低価格層にはスコットが大きなシェアを広げています。 確かに我々のプロダクトも低価格のものがあるのですが、ブランド意識が低いものをハイエンドに持っていくのは、上から下に下ろすよりも相当難しく、不可能に近いと考えています。
ハイエンドブランドが低価格層にマーケットを広げる例はベンツなどに見られると思います。
(ブランドイメージを崩してしまうケースも多々ありますが。)

現在、ゴーグルブランドはアメリカにて10社ほどです(10年ほど前は25社ほどでした)。しかしでに
消費者イメージがついてしまっている中で我々の商品をマーケットしていくのは並大抵なものではないですよね。 現に我々シェア率は1%にも満たしてないとおもいます。

ということで我々は草の根作戦でこの様なイベントだったり他の方法をとらなければいけません。
この話はまた。

何はともあれ、素敵なSunday Riverスキー場での2日間した。
スキーは履いていませんが。

次回はバーモント州のトレードショーのお話。

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • Only the blog author may view the comment.

trackback

trackbackURL:http://naitro.blog125.fc2.com/tb.php/73-b0ac1de7