期待と落胆。

2009. . 10
昨日、MBAなどで勉強している友達たちと飲みに行きました。
やはり、何歳になっても騒ぐのは楽しいですね。 

その寝不足もなんのその、今日の朝地元のスキー場に履歴書を片手にスキーウェアで行くために、
車のエンジンをかけ、車を走らせると

おかしい。。。

右後輪パンクです。


年明けからまだ10日しかたってないですよね。
スターターは壊れるわ、タイヤにぶっとい釘は刺さってるわ、仕事がうまくいかないわ。

すばやく(ではないけど)スペアタイアに取り替えてまずはガススタンドで空気を補充。
その後、タイヤ屋さんへ行ったののですがどこも自分のタイヤの在庫がないとの事。
しかも土曜日なのでメーカーはお休み。 在庫の確認がでず。 月曜日にまた電話して暮れとの事。 
 
その後、僕のほうから「月曜日の朝一にメーカーに確認してこちらに連絡をくれ」と伝えたら、「それはできない。まず電話くれ」と言われました。 
これがアメリカと僕が真剣勝負してきた場所との違いでしたね。 

さておき、
遅くなってしまいましたが、地元のスキー場へ顔を出してきました。
さすがに子供たちでにぎわっていました。
ディレクターに話をしようと思ったのですが忙しそうだったので、暫く歩きながらレッスンを見て回っていました。 

しかし、そこでされていたレッスン(もちろんレーシングではなく一般レッスン)は。。。
自分が理想として描いていたもの、ハンターマウンテン(NY)でしてきたもの、また日本で自分たちが子供たちに伝えてきたものとはかけ離れすぎていました。

取り上げていいところもあると思うのですが、忙しいとはいえインストラクターの教育がまったくできていないということが一番目にたってしまいました。
自分の観点から少し突っ込んでみたいと思います。

1、スキー教師がなぜ指導中にスキーを履いていないのか。(初心者に対しても)

2、生徒(子供)の前でしっかりとしたポジショニングを体で表現していない。
  たとえば斜面に出る前に子供たちに板の真上の乗るということを言葉ではなく実感させないとい けない。

3、しっかりと見本を見せていないので子供たちがこれからすることを頭の中でイメージできていない。

4、そもそも教師がスキー板の構造、雪に対しての働き、そして子供の骨格などに対して理解をしているとは思えない。

などとあげればいくらでも出てきてしまうのでこの辺で。

しかし、一番目に付いたのはインストラクターたちの服装ですね。 いくら正式な資格は持っていなくてもお客様から見たらお金を頂いている以上、アルバイトでもプロの指導員だと言うことを認識しているとはいえない格好、振る舞いでした。


先のブログとかさなるのですが、個人的には子供たちの先を決めるのは教育だと思います。つまり大人の指導態度によって子供たちの将来は左右されてしまいますよね。 
今日見たところ、一般レッスンを受講されている生徒さんの数は少なくはなく、またインストラクターの数もそれに応じて稼動していたと思います。
しかし、自分の目から見て費用対効果(レッスン代は安くはありません!)を考えてしまうと自分の子供を受講させることはできませんね。 
まずはそのインストラクターたちを指導する指導員側、経営者側の意識を変える必要性を感じました。


何はともあれ、今日は忙しそうだったので2時間待った後に、また平日うかがうことを伝えスキー場を後にしました。


なんか半分文句になってしまいました。 
自分の描いていた理想と現実のギャップにやられた上、色々な試練が山済みです。

これらを乗り越えて、道を切り開き成長しろと言うことですね。
とっさの決断力と正確性の勉強になります。 対応力を鍛えろと言うことですかね。
明日は勉強だけに専念します。
今週も顔晴りますか!


comment

post comment

  • comment
  • secret
  • Only the blog author may view the comment.

trackback

trackbackURL:http://naitro.blog125.fc2.com/tb.php/69-acdb5e2c