初めての感覚

2008. . 27
今回は日常のお話。

今日は大学側に提出するエッセイを提出する為、最後のチェックをしていました。
結構重要なものだったので夏前にお世話になった先生(といっても博士課程の生徒ですが)とアップタウンにあるアンティークなコーシー店でおしゃべりをしながらチェックをしてもらいました。

内容は自分が表現すべきものをすべてまとめたのですが、なぜかしっくりきませんでした。
しかし彼女と、エッセイとアウトラインを比べていくうちに

鳥肌が。。。

こちらに来てから早一年とチョイ。 かれこれ100以上のエッセイを書いていますが、初めて自分で納得のいくものが出来上がったと思います。 

今回は先生の論文(出版物)の題名が

「新しいライティングの指導の仕方」

と言うことで指導していただいた変わりに、その指導内容と私自身感じた今回の指導のメリット・デメリットをエッセイにして先生に提出と言うことになりました。

いや、彼女の指導の仕方は新しいと言うか、今まで受けたことのない斬新なものでした。


いや~、やはり頭のいい人と長時間話をしていると疲れますね^^ 気持ちよい疲れです。

さて彼女のためにもういっちょレポートを仕上げますか!





comment

post comment

  • comment
  • secret
  • Only the blog author may view the comment.

trackback

trackbackURL:http://naitro.blog125.fc2.com/tb.php/41-9c8f5d67