Olympics 3

2008. . 20
おめでとうございます。

日本が体操男子団体で銀メダルを獲得しましたね。
今、そのVTRをいつもの NBCのウェブサイト「NBCOlympics.com」
で観戦中です。 この映像は実況つきでうれしいですね!

ってか 中国はすごいな! ダントツですよ。。。 点差が開く開く。
今回から皆さんもご存知のとおり採点方法が大幅に変更されました。
簡単に説明すると今まで最高点が10点だったのが、得点の上限をなくし大技を決めた分だけ得点が上がっていくという方法。 もちろんぶっちぎりの中国は各種目のスペシャリストを並べてきましたね。 日本はまだ種目のスペシャリストというよりも総合力の高い選手を並べている感があります。 この採点方法が採用され続けるかぎり、日本体操団体はこの採点方法にあったラインナップを並べなければ中国の背中を見続けるかもしれませんね。 まあ、それだけ中国の選手層が厚いのですが。

 また、決勝で日本の選手(おそらく坂本選手)が跳馬で着地に残念ながら失敗してしまいました。 この状況をNBCの解説(もちアメリカ人)は「これは世界大会だ。 失敗して笑っているのは考えられない。」と批判していました。 確かにオリンピックは4年に一度、しかも各選手、自分の国の国旗・威信をかけて戦っています。 このシーンを見てトリノ五輪での安藤美姫選手の五輪に対しての取り組み方を思い出しました。(皆さんは覚えてますか?) その後は良くなりましたが。
  これは様々な意見がありますが、やはり、五輪は特別なもの。特に国民を代表して出ているもの。 出たくても出れない人が山ほどいることを忘れないで目標に取り組んでほしいものです。



  ってなことで何はともあれ おめでとう!!! 日本男子体操!

アメリカも強かったです。 印象だったのが最後の種目でアメリカの選手たちが最後まで

「諦めねえ!諦めねえ! この胸にUSAの文字をつけているんだ!」


と叫んでいました。 この気持ち大切ですよね!



あれ、書き語ったことは実は

五輪出場の年齢制限(特に体操)についてだったのですが。
これはまた時間があるときに。

まだまだ五輪を楽しみましょう!

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • Only the blog author may view the comment.

trackback

trackbackURL:http://naitro.blog125.fc2.com/tb.php/4-9a1170aa