華の金曜日。

2008. . 20
久しぶりの素敵な金曜日を満喫をしました。 

朝、日本語を教えていたところでアジア人に対しての顧客(英語を学びたい生徒)獲得と宣伝に関してのミーティング。 結果は難しいですね。 
立地条件、我々がつけれられ付加価値、また近隣競合学校などなど。 なかなかアジア人をひきつけられるPRポイントが見つかりませんでした。 
今回の対象は韓国人と日本人だったのですが。

アジア人はその国籍ごとでコミュニティーを形成する傾向にあり、それが最も強く見られるのが韓国人です。 近くにコリアンソサエティーがいくつかあるのですが、もちろんその地域にも韓国人が経営している学校が多数点在します。 また料金が少し張っても彼らは「韓国人同士の安心」という付加価値を選ぶでしょう。  それを切り崩してマーケットを広げるのは難しいですね。
 尚且つ、私のお世話になっている学校は90%の生徒がスペイン語圏内からの移民や学生でしめています。 残りの10%はトルコ、ポーランドを中心とした北欧、アラブ地区からですね。 もちろんアジア人は僕一人なのですが・・・
  そのような場所に韓国人が入るのは相当抵抗があると思います。 

 また日本人のグループも近くにあるのですが、まず彼らの特徴としては学生ではないこと。
ほとんどの方々がマンハッタン、あるいはNJにある日本企業などの駐在さんです。 ご家族を連れてこられる方も多いのですが、お子様はもちろんNJにある日本人学校(中等教育が受けられる)にいく傾向にあり、奥様方にはあまり英語をこれから始める!とかそういう意識は低いようです。
 その背景には駐在という立場、すなわち3年くらいで日本に戻る方が多いということです。
やはりこのマーケットは難しいようです。 いい案はありますかね?



 と午前中はこんな感じに時間はながれていたところに、
電話が一通。

「おい、その壁は自分で作っちゃったんじゃないの?」

と、先日のブログをみたマラソンの師匠から突然お電話を頂きました。

 最近、テストや大学への願書提出などバタバタしていて自分の視野が狭くなっているところに、
ずばっと暖かい光が射してきました。

 まずは、自分ができることをしっかりやっていこう。 何度も自分で言い聞かせていたのに、自分自身でそれがたまに薄れてしまうんですよね。

本当に感謝しています。 

また師匠から 10kランのお誘いを頂いたので先日のリベンジをしたいと思います。 



そして、夜はアメリカに来てからの友達のイタリア人と日本料理を中心とした食い放題(ミナド)にいってがっつりしばいてきました。 どこにそんな金があるのかはさておき、



食いすぎた。。。。


食いすぎて、横隔膜が常に緊張している状態になりました。  こんな状態になったのは初めてです。
動くこともできず。。。。  馬鹿ですね。 いくら食い放題だからって。。。

そのあとは、イタリア人と僕が以前いた語学学校により、元ルームメイトの韓国人を拾い、バーへ。
そこでは韓国人ののろけ話に永遠とつき合わされました。 まあ、彼も相当ストレスがたまっていたのかな?


という流れで一日を過ごしました。   久しぶりに心が開放できた一日でした。

マラソンの師匠と友達に本当に感謝しています。

さあ、顔晴るぞ!

皆さんの週末はいかがですか?

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • Only the blog author may view the comment.

trackback

trackbackURL:http://naitro.blog125.fc2.com/tb.php/32-0c9fbf37