CitiGroup のスポーツマーケティング

2008. . 15
 CitibankでおなじみのCitigroupが本格的にスポーツをひとつの商材として本腰を入れ始めましたね。 皆さんご存知のとおり「ベーブルースの建てた家」として知られるYankees Stadiumが来期から新くなるのと同時に 現アストロズの松井選手や新庄選手、先日引退された野茂選手なども一時期活躍され現千葉ロッテ監督のバレンタイン監督が指揮を執ったNew York Metsも来シーズンから新しい球場に生まれ変わります。

P1040071_convert_20080916134910.jpg


ちょっと解りづらい写真ですが、後方の看板が確認できると思います。
来期からネーミングライツによって名前が
「Citi Field」になります。(この命名権を取得するのにCitiGroupは400億ドルを支払っています。) 
 また野球とは異なりゴルフの方面でも選手をサポートしていく動きが活性化しています。

今までの金融機関ではVisaがNBAのヤオ・ミン選手を、またアメリカンエキスプレスはタイガー・ウッズ選手をサポートしてきました。 また選手だけではなく日本でもご存知のとおりマスターカードが「Priceless!」という言葉を引き下げ、彼らの宣伝とスポーツをうまく組み合わせております。


CitiGroupでも彼らのマーケティングツールの一部としてゴルフ選手、特にこれから伸びてきそうな若い選手を本格的にバックアップして商材の一部として捉えようとする動きが目立ってきました。
このCitiGroupのゴルフチームの目的としては商材としてのほか、ベテランの選手をチームに招き、若い選手の育成の一部を担い、アドバイスをしていうとのことです。

また、アメリカのゴルフ界だけではなく、
ナスカー、大学アメリカンフットボール、MLB。 さらにはインドでクリケットの選手、イギリスではサッカー選手のサポート・プロモート活動を行っております。

世界規模で展開を見せるCitiGroupのスポーツマーケットの本格参入でさらにスポンサー企業の競合力・差別化が問われることになりそうです。 次回はもう少しこの点について、深く掘り下げて各企業ごとに調べてみようと思います。

comment

喜茂CAP
リンクガンガン張ってくれ。俺も張るぜ!
2008.09.17 05:06
喜茂CAP
リンクガンガン張ってくれ。
2008.09.17 05:05
Naitro
コメントありがとうございます。
しっかりやりたいんですけどなかなか異国の地では難しいですね。。。
ただ結果が出る前から諦めたくはないのでしっかりがっついていきます。
早く滑りたいです。 松井プロのブログをリンクに張ってよろしいですか?
2008.09.17 00:39
Naitro
コメントありがとうございます。
CitiGroupは大丈夫だと思うんですけどね。。。
ただDaily Newsによると最高額の社債を抱えているのが日本のあおぞら銀行でついでミズホ銀行なんですよね。。。 
 どうなることやら。。。 
またWall Street では今日ダンボールを抱えてオフィスから出て行く人が大勢いたそうです。もちろん職を失った人たちです。
2008.09.17 00:36
喜茂CAP
どうも松井です。あ!いい勉強してるね♪
いいないいなーいいないいなー。
しっかりやってオクレよ!
また一緒に滑ろうぜ。ブログチェックしてるよー!

2008.09.16 06:21
makoto
Citi潰れないと良いんだけどね・・年末が正念場かなぁ
リーマンの社債もタンマリ持ってた筈だし
2008.09.16 01:12

post comment

  • comment
  • secret
  • Only the blog author may view the comment.

trackback

trackbackURL:http://naitro.blog125.fc2.com/tb.php/29-d33e5285