U.S. Open 2008 in NYC

2008. . 01
P1040149_convert_20080902132717.jpg

ただいま、日本でもだいぶニュースで取り上げられてますね!

U.S. Open が熱いっ!

日本勢も錦織選手をはじめ杉山選手、森田選手などがしのぎを削り戦っています。

今日は連休最後ということもあって、どこにも行かず勉強しようと思っていたら、
「テニスは好きかい?」と。
もちろん、イカせて頂きました!

実はテニスの公式試合を見るのは初めてでした。

P1040176_convert_20080902133141.jpg

私が頂いたチケットはメインの Arther Ashe Stadium というところで夜からの観戦でした。
ふと、今日のカードを見てみるとSerena Williams選手の試合とイギリス期待のホープAndy Murray選手の試合でした。 激しかったですね!

そして実はその向かいのAramstrong Stadiumというところで錦織選手が戦っていました。
セレナ選手とマーリー選手の試合の間に向かいのスタディアムに走り、即応援! 残念ながらベスト8にはならなかったですね。。。 
でもいい試合をしていました。 18歳今大会最年少。3回戦でランキング4位の選手を破る。など、前評判とは裏腹にきっちり世界に印象を残せたと思います。
P1040207_convert_20080902133259.jpg

しかし試合終了後には惜しみない歓声とスタンディングオベーションで会場は包まれていました。



さて運営のほうでは、普段はわからないのですが、今回はメイン会場の客入れの段取りがまったくなっていなかったですね。また、ほかの試合会場の入場制限の仕方も納得がいきませんでした。
これは来場客のニーズにうまく応えられてなく、前もって通路の設置や他会場への案内パネルの設置などを充実させないとスタッフと来場者の喧嘩になりかねません。 試合だけではなくこのようなことも顧客満足度を上げるひとつの要因ですよね。 結局は来場者はわからない。スタッフは何度も同じことを尋ねられて徐々に対応が雑になる。 このようなことが結構見受けられました。
その一方でグッズの売り上げは各ブランドメーカーがこぞって来場者を集め、満員御礼といったところでしょうか。 またエンドースメントを行っているレクサスやコンチネンタルなどもブースを出展し、来場者の目を引いていましたね。ただどこのブースも「これは!!」というアイデアがなかったですね。。。
自分なりにシュミレーションをしてみようと思います(明日します!)


子供たちに錦織選手などの姿を見て、もっとスポーツを人生のひとつの軸として捉えてもらえるようになれたら幸せですね。 

さて、選手たちに負けじと顔晴りますか!!!!

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • Only the blog author may view the comment.

trackback

trackbackURL:http://naitro.blog125.fc2.com/tb.php/16-1fcd9c4a