驚いた、、、、、

2010. . 26
前回のブログでも書いたとおり、今人生の岐路に立っていると思う。

もしかしたら岐路ではなく、すでに自分で決めていた道なのかもしれない。 

どこの会社で働くか。長期的目標を達成する為に、自分が今すべきことは何なのか。

色々なことを考えながら、今インターンをしている会社の社長のブログを過去に遡ってここ2日間覗いていた。

自分はいつも仕事をする時に、「人」ということを考えている。

アルペンをやめた時に、「オレはいつかこの人たちと同じ目線で仕事がしたい。」と常に自分自身に言い聞かせていた。

「同じ目線」というのは、職位ということではない。 「気持ち」である。 それが諦めない気持ちであったり、自分の決めたことを貫く姿勢であったり、そして何か人の為にできることをするということだったり。


ふとインターン会社の社長のブログを見ていると、


「顔晴れ」



の一言が。。。 

スポーツの世界に従事し、そしてアメリカで勉強させていただいているのにも関わらず、自分はこの社長の名前すらしならかった。
友人に聞くと、「米国でスポーツ経営学を学ぶ人なら、必ず目にする社名と社長の名前だよ。」と。
今はそんなことはどうでもいい。 だだ、彼の3年も前にブログに書いてあった言葉を発見した時に、言葉を失った。 

失礼ではあるが、「ああ、やはり自分の目が狂ってなかった。」と。 

同じ気持ちになれる人と働けている。 

自分は

「人」

に恵まれていると思う。 社会人になり初めての上司は、仕事人であるということを教えてくれた。

次の会社では、社長が父のように、そして時には鬼のように自分の将来のことを本気で考えて、しかってくれた。そして一緒に笑ってくれた。 

アメリカにきてからは、マーケティング会社を運営する社長が英語のまったく喋れなかった自分に色々なチャンスを与えてくれた。

NJで家が無く困っていた時に、一つの家族が自分を家族のように面倒見てくれた。
今も何かあると電話をかけてきてくれる。

そして、今新しい会社で、「顔晴れ」という言葉を考えている社長の下で働いている。


現在スポーツ界で就職する為に、「ネットワーキング作りが大切だ」と皆が口にする。 
でも自分の中で考えている「ネットワーキング」というのはそういうことではない。 仕事を取るため? 確かに重要かもしれない。でもそんなことは、自分にとってそこまで大切ではない。

自分が常に信じる「ネットワーキング」の定義とは、「自分が成長できる、そしてそれを後輩にも伝えることができる」ネットワーキングである。

どうやら、長かったトンネルを抜けることができそうだ。

有難うございます。顔晴ります。

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • Only the blog author may view the comment.

trackback

trackbackURL:http://naitro.blog125.fc2.com/tb.php/103-15ab441c