初めての感覚

2008. . 27
今回は日常のお話。

今日は大学側に提出するエッセイを提出する為、最後のチェックをしていました。
結構重要なものだったので夏前にお世話になった先生(といっても博士課程の生徒ですが)とアップタウンにあるアンティークなコーシー店でおしゃべりをしながらチェックをしてもらいました。

内容は自分が表現すべきものをすべてまとめたのですが、なぜかしっくりきませんでした。
しかし彼女と、エッセイとアウトラインを比べていくうちに

鳥肌が。。。

こちらに来てから早一年とチョイ。 かれこれ100以上のエッセイを書いていますが、初めて自分で納得のいくものが出来上がったと思います。 

今回は先生の論文(出版物)の題名が

「新しいライティングの指導の仕方」

と言うことで指導していただいた変わりに、その指導内容と私自身感じた今回の指導のメリット・デメリットをエッセイにして先生に提出と言うことになりました。

いや、彼女の指導の仕方は新しいと言うか、今まで受けたことのない斬新なものでした。


いや~、やはり頭のいい人と長時間話をしていると疲れますね^^ 気持ちよい疲れです。

さて彼女のためにもういっちょレポートを仕上げますか!





World Serise of MBL!

2008. . 26
今日は日曜日。
図書館に向かっている途中にいつものように新聞を購入。

スポーツ面で気になるのはやはりワールドシリーズですね!
(アメフトもバスケもあんま詳しくないので。。。)
フィリーズには職人 田口選手! 
そしてレイズには 愛しの 岩村選手!

もともと根っからのヤクルトファンであったので彼の活躍には注目し続けていました。

そしてバスの窓からマンハッタンの景色を眺めながら記事をチョコチョコあさっていたら。。

岩村選手!! ババーンと載っておりました。

記事はこちらから


いやー彼の評価は高いですね。 こちらに来て2シーズン目、日本でプレーした最後の3シーズンと比較されてやや劣るようなことを書かれていましたが、チームからの彼の信頼性は抜群ですね。

また、一番目を引いたのは彼自信が注目させれることにより、自身の力を最大限発揮できるということ。

これはプロだけでなくアマチュアスポーツ選手にも一番重要な能力ではないでしょうか?

たとえばスキー。 

僕は高校、大学で大きな大会で結局満足いく結果を出すことが出来ませんでした。
トレーニングやそれまでの段階では納得はいかないまでも、上位と十分に戦えると信じていました。
しかし、本番。 コーチや仲間たちが見守る中で、ピステに立っているのは自分だけ。皆が注目しているその一枚の斜面でいかに自分を表現できるか。自分の実力を発揮できるか。

自分には出来ませんでした。 今でも大学4年の時のコーチ(社長)に

「お前は4年間で一番しちゃいけないことをここでしてしまった。」

と言われたことを今でも鮮明に思い出します。
なしたかって言うと一番得意であったスラロームで片足不通過反則したんですよね。たしか。
チームとしてもそれが原因でシードを逃してしまいました。 皆がせっかく結果を残していたのに。。
いまでも悔やんでいます。

これからもわかるとおり、「注目されている場面で、一番重要な場面で自分の力の100%に近いものを出すことが出来る能力」と言うものは勝負を完全に左右する要素ですよね。

ようは

自分との戦い(相手がいようがいまいが)

ってことですね。


いつまでたってもこれは僕の課題ですね。。。
岩村選手を見習います。




選手の明日への一歩へ

2008. . 24
まずはこちらを



こちらの映像はUSチームが選手を育成すると言うことをどのように認識しているかと言う映像です。
ブラブラしているときに見つけました。

こういうことをしたいですよね。  子供たちがウィンタースポーツに興味を示せるようマイナースポーツの裾野を広げ活性化し、そしていかに選手を育成できる環境を整えることが出来るのか。

これがあるから今を全力でに走っていけます。

次にこちらを



これはベンジャミン・ライヒ選手(おそらく05-06シーズン)なのですが、うまい!!

中・緩斜面での板の滑らせ方といい、急斜面での「ずらし捕らえ」といい上手いです。
僕も選手時にこんなすべりをしてみたかった~。

そういえば去年スキー場で子供たちにこんなことを言っていました。

「The most essential to let your skis go is to be able to talk to the surface of the snow. 
Don't fight against it!」

つまり、 雪と会話をしろ!喧嘩スンナ! ってことですよね。

ごともたちに垂直抗力だとか摩擦、とか難しい言葉云々を伝えるよりこっちのほうが解りやすいですよね。


皆さんはもうすでに雪の上には立たれましたか?

Paramus 10k Run

2008. . 20
  英語の試験、こけました。 その悔しさを晴らす! と言うわけではなかったのですが、先週の日曜日(昨日)にマラソンの師匠(元ホストファミリー)の子供たちと一緒に近所の10キロマラソンにチャレンジして来ました。


  この大会は去年も参加させていただき、昨年の結果は47分56秒でした。 今回は色々ペース配分をし、以前こちらでご紹介したCW-Xと共にチャレンジしました。

天気はとてもよく、少し風が出ていましたが走りやすい気候でしたね。 一緒に参加したイバイ(13歳?)は今回は記録を更新とまではいきませんでしたがしっかりとした走りで一時間をしっかりきってきました。

また、そのお姉ちゃんのイチョショ(高校生)はなんと記録を4分も更新するタイムで自己新! 二人とも顔晴りました。

私はというと、、、、 テストや院願書提出などの鬱憤を吹き飛ばすため、結構がむしゃらでやってやりました。  記録は

46分36秒

記録更新です。 今シーズン走ったNike Human Race 10k Runよりも10分、そして去年よりも速いタイムで10k自己記録更新。

これを足がかりに2週間後に迫ったNYCマラソンにも調子をつなげられたらと思います。


今回もこの様な地元を中心としたイベントに参加させていただきましたが、今年はアディダスが全面的にスポンサーとして活動しており、近くのレストランやスーパー、運動用品屋さんなどをはじめ、地元ボランティアの方々に支えられて無事運営されていました。
選手として勉強させていただいただけでなく、会場の雰囲気作り、地元地域の活性化など色々今回も勉強させていただきました。


最後に、このイベントを支えていただいた様々な企業、ボランティアの方々、そして今年もお誘いをいただいた師匠一家に感謝の意を表したいと思います。

さあ、次は

NYCまらそんですよ!!!

CW-Xとの付き合い。

2008. . 11
さて 色々ひと段落して(出来はおいといて)来週末に10kRun。 
そして来る11月2日にはNew York City Marathonです。

現在、これらに向けて隙を見てトレーニングをしているのですが、前からこちらで述べさせて頂いてるように



の状態がよろしくないです。

そこで中一のころから長年スキーでお世話になっている
CW-X ワコール社
を、使用しようと考えております。本来なら筋トレをして膝周りの筋力をしっかり鍛えないといけないのですが、筋肉強化と平行して膝への直接負担を少しでも減らすべく使用します。

実は日ごろスキーで使用していたものを使ってランニングを行ったのですが、彼はすでに8年選手。すでに膝へのホールド性はそこまで感じられなかったです。(緩々になってました。)
スキーをしているときはそこまで感じなかったのにね。

と言うことで、明日新しいものを購入しに行こうと思います。
購入用予定はこちら。
CW-X スタビライクス
hzo549.jpg

アルペンでもアンダーウェア系のサポーターではこちらをお客様にも推奨していました。しっかりサポートするにはもう少ししっかりしたもの。 
たとえば僕のお気に入りはスキーで痛めていた時に使用していた
ミズノ バイオギア

SH_50MS50203.jpg

これは膝の主に側十字靭帯をカバーしてくれてたのですが、少しコンセプトが違うとともに、走っている中でこれは少し負担ですね。 しかも42kmはちょっとね。。

ってなことで明日はお買い物をしに行こうと思っております。

冬についても 色々動いていこうと思っております。 
また近々良い報告ができればとが思っております。

最近 皆さんのブログを拝見させていただいてるのですが、冬に向けて皆さんも徐々にあわただしくなってきましたね!!

んん~~~

雪山 最高~~!!!

Major Sports と Economic Crisis。

2008. . 09
さて、今日は2本連続で書きますか。
前回述べた二人に触発されてます。


新聞やTVが連日連夜報道しているとおり、Wall Streetから波及したこの経済不安。ついに全世界まで広まっていますね。 日経平均もついに9000円台に停滞し、アメリカでも次々に金融機関が統合、買収。 そしてポンドが安定していたと思われたイギリスでは政府が銀行に対してし資金支援を決定した良いです。 


この世界混乱の渦の中、今期から来期にかけて複数のメージャースポーツチームが新しいスタジアムをオープンさせます。NYではご存知のとおり New York Yankees と New York Mets が来シーズンから新たなボールパークをオープンさせます。もちろんその中には通称 Luxury Suitesと呼ばれる優待席があるのですがほぼ完売だそうです。自分がスポーツの中で働かせてもらっている中でレジャーを言うものは経済が悪くなると真っ先に影響を受けるものだと思っていました。

また、 2010年にNFLの Jets と Giants((昨年の優勝チーム) ともにNJ))が新しいゲームスタジアムを建設予定。そして先日お伝えしたRedBulls(サッカーチーム)もすでにHarrison,NJにスタジアムを建設中です。 そしてこれらのスタジアムにLuxury Box Suitesが増設されることが予想されます。

経済危機だと騒いでいても、ワンシーズンで恐ろしい額が動くこのLuxury-Suites Market。 目が離せませんね。

やはり、以前から注目していたロハス層やそれなりの階級層がこれからの需要を締めていく気がします。確かにBottom Lineを強化していくことが売り上げを底上げするひとつだと思います。
しかし、何%のBottom Line Consumers がこの経済不安の中、レジャーといった嗜好品目に金を落としていくのでしょうか? 

「スポーツは文化」

と定義されている大国アメリカ。今後に注目です。

また、スキーなどを中心とした嗜好傾向が強いスポーツがどのように影響を受けていくのでしょうか?
(すでに影響は来ています。この経済不安だけが原因ではないのですが、たとえばNY州のスキー場のいくつかのJrレーシングデパートメントが今シーズンしまると言う情報も入っています。)


勉強しなくてはなりませんね。

あ、その前に今週の土曜日にもテストが控えています。。。

さあ、やるっきゃない!

果てしない道の先に広がるものは?

2008. . 09
最近、こちらをさぼり気味でしたね。 と言っても遊ぶ暇は少しもなく、色々ばたばた一人でしています。

さて、最近書きたかった事がいっぱいあるのですが、今日は2人の可愛い可愛い(男だけど)
後輩についてです。

スキー関係の方はご存知かもしれないのですが、

K君(トリッキーな動きでみんなをいつも楽しませてくれ、無尽蔵の雑学はスキー部にはなくてはならないものでした。)

私が大学2年次にスキー部に入部した後輩です。 スキー以外にも色々彼とは共通点がありました。
出身地が近かったり、趣味が似ていたり、また当時の就職先(公務員)の目標もにていましたね。
在学時から彼はよき後輩であり仲間でありそして自分の相談相手でした。私が大学4年次、就職先を自治体から一般企業に切り替えてスポーツ業界に身を投じました。半ば就職浪人を避けていたのも否めなかったですね。 そして彼も最終的に一般企業に就職。 しかし彼の目標は維持され続けた。 そして会社を退社して公務員試験に向けてもう一度勉強すること2年。 ついに彼の第一歩が踏み出されました。  彼の知らせを間接的に知った私は正直涙をとめることができませんでした。



そしてもう一人、

A君

A君もスキー部の後輩でしたが現役としては一緒に生活してはいませんでしたね。 しかし、彼も熱かった。あれは確か1年前私が渡米する前、確かゴールデンウィークに鹿沢ハイランドにてトレーニングが終わり、東京に一緒に帰る途中でした。 あのころの彼は大学院に行くのかそれとも就職するのか迷っていましたね。 でも、群馬の端っこから東京まで長い道のりの中、話しているうちに、確信できました。 「彼は法科院に行くことを心の中に決めている。」と。 彼は後押しが必要だったのかもしれません。そして今日メールを開いてみると、「合格」という二文字と一緒にE-mailが届いていました。 彼もまた自分の道をしっかり歩んでいる一人です。

ありがたいことに私は先輩や同輩だけでなく、後輩にまで勉強させてもらっています。彼らから勇気をもらい、自分の推進力を増加してくれる。 彼らの存在が私を今もアメリカにとどまらせているのかもしれません。 


切磋琢磨

一意専心


頼もしい言葉です。

彼らに負けないように私も自分の道をしっかり歩んでいきます。
長い長い道の門は今開いたばかりです。


 
二人が見ているか分からないのですが、
この場をかりて

有難う。 そしてこれからも宜しく。