久しぶりのスキー熱

2010. . 04
やはりどんなにスキーから離れていても戻ってしまいますね。 意識が。

今年はついにバンクーバーオリンピックです。
しかしながらこの経済不況で軒並みウィンタースポーツの景気が下がってきていますね。日本のあるスキースクールでも団体顧客を除いた一般のスクール受講顧客件数が下がっているみたいですね。また、アメリカ東海岸でのスキー場でも年末の連休というのにスキー場に例年の賑わいを感じませんでした。

Sport Business Journal の調査によると、

「国際的なイベントで一番協力したいものは?」
1: FIFA World Cup (47.55%)
2: Summer Olympics (40.53%)
3: Winter Olympics (11.92%)

冬季五輪の一般意識の低さが見れますね。 もちろん夏季五輪とは違い、参加者、参加国、競技数が少ないので当たり前なのですが。


そのような状況でもやはりShaun Whiteはアメリカのスターみたいですね。
「2010年バンクーバー五輪での一番スターになりうる選手は?」

1:Shaun White (40.45%) ボード・フリースタイル
2:Lindsey Vonn (14.50%) アルペンスキー
3:Apolo Ohno (12.85%) スケート・ショートトラック

注目したいのは2位に位置しているLindsey! ルックスも愛くるしく、今後の米国スキー業界を担っていく逸材ですね。
ShaunとLindseyを起爆剤にまたWiter Sportsの人気を取り戻していただきたいです!

その一方で、42.38%がUSOCに不満を持ち、さらなる組織が必要だと認識しているみたいですね。 確かにUSOCに対しての不信感はSult Lake City 五輪のスキャンダルから高まりました。 
やはりもう一度ウィンタースポーツが米国にてどのような位置づけにされているのか現地にいってみてこなければいけませんね。

という口実を元に、1月21日にNY州にあるLake Placidにて開催される
FIS World Cup Freestyle Mogul を視察してこようとおもいます。

日本勢では上村愛子選手を始め、伊藤選手などバンクーバーでメダルが期待できる選手を応援してこようと思います。

ちなみに24日は同じ場所にてSkier Cross も開催されます。 それもいってしまうかも。。。。 
自分の仕事の調整しだいですが。 

Site From: Best of the Rest, SBJ Reader Survey, Sports Business Journal (Nov.30, 2009)

小さな大会。

2009. . 16
先週末、自分のスキー場で子供たちの為にスラロームの記録記録会を開きました。

内容はスラロームの基本的なセットで子供たちと普段応援している親御さんが一緒に競えるといったないようでした。シーズンを通しての目標だった大会も終了して、残るは小さい大会が2戦のみ。
その中でこの様なイベントを開けたことは子供たちにとっても親御さんにとっても、集中力を維持するいいきっかけになったのではないでしょうか? また、いい息抜きにもなりますよね。

P1040653_convert_20090317075021.jpg


また、このイベントのもうひとつの目的として、「ブランド プロモーション」というのを掲げていました。
今期から販促販売を担当させていただいているスキーゴーグルの販促としての目的もありました。
このブランドは以前アメリカでも取り扱いされていたのですが、一度撤退した後、3シーズン前からアメリカのマーケティングチームが扱いを始めました。その一部をインターンとして担当させていただいているのですが、今シーズンが私がいる地域では初めてのプロモーションです。

その一環としてまずは子供たちやコーチに対して認知度を広げていこうという目的でした。
会社側からの好意により、子供たちにゴーグルを景品として提供していただきました。
有難うございます。

同僚のコーチにも購入頂き、またスキー場のストアーにも商品を置いていただけそうです。
(スキー場の店は現在、スコットというブランドしか扱っていません。)

今回の経費としては自分のスキー場だったこともあり、経費はゴーグル二つのみということになりました。 すべてが終わったあと、親御さんや他のコーチがゴーグルに対して興味を示し、僕の名刺と価格表を持って帰っていただけたので、来シーズンの購買につながる可能性ができたのではと思います。


P1040657_convert_20090317075125.jpg



とは言うものの、まだ範囲が狭いので今後(九月にかけて)NewEnglandにある競技スキー部のある各大学、スキー場にも動きをかけていきたいと思います。

その中で『エスキモーに氷を売るとき』という著書の中にもあるように競合競争の激しいマーケットの中でいかに他社ブランドと格差をつけ、目を引かせていくか。 ということを念頭に置き、販促していきたいと思います。もちろん、商品の内容だけではなくセールスマンとしてどのように自分をブランディングできるかというのがキーですね。




さて、今週は今期のファイナルです。 今週は勉強に集中します!!!!
学生なんで!




イベント運営

2009. . 07
先ほどスキーのトレーニングが終わりました。

今日のセットはスラローム。 先日で子供たちの目標にしていた大きな大会が終わりましたので、今日は子供たちがあまり滑ったことのないロイヤルストレートを立てたり、3走旗目でいきなりストレートを入れたり、その出口がダブルゲートだったりと普段やらないコースをセットしてみました。

自分でも色々なゲートを立てると自分のスキー技術のためにも勉強になりますし、シーズン後半の子供たちのモチベーション管理なども考えられるようになったと思います。

大会は違うスキー場で21日27日とまだあるのですが、子供たちの士気をもう一度あげるためにと、また自分が扱っているゴーグルのプロモーションも含めて来週の金曜日子供たちと親の対抗戦の大会を開こうと計画しています。

さて一週間でどこまでできるか、時間がありませんが顔晴りますか!

おそらくGSベースのデュアルコースにしようかと思っております。
まあ、費用、売上目標、費用対効果に対するブランド周知などもう一度見直してここに掲載しようと思います。

さあ、今日は土曜日。 少しあるので考えますか。


この写真は先週の子供たちの大会です。
みんな顔晴っていましたよ! うれしいですね!

P1040637_convert_20090308030335.jpg


子供たちの顔晴り。

2009. . 18
いつものとおり、忙しくないのに忙しい振りをしている僕です。

先日子供たち大会の引率をしました。場所はLoon Mountainというスキー場でNH州でもなかなかの大きさを誇るスキー場でした。 学校の関係でここのディレクターの方を知り合いになれたのですが今回は日曜日と言うこともあり時間がなく、お会いできませんでした。残念です。


さておき、今回の大会は来年に向けてポイントがつく大切なGSレースでJ-3の子供たちが対象でした。
コーチが私ともう一人ということで、女子男子に別れてコースインスペクション。 
私は女子のほうにつかせて頂きました。 

コーチミーティング終了後、子供たちをアップに連れて行きいざインスペクションへ。

P1040629_convert_20090219071203.jpg


一本目、セット的にはそこまで難しくなくインターバルも若干あるコースでした。
しかし旗門数は33走旗、またひとつの急斜面におちていくブラインドのゲートが!
なかなか厄介でしたね。 でも子供たちもしっかりコースを頭にいれていつもどおり板を下に落とせていけたのでそれなりに満足いく形になりました。

二本目、コース自体が途中から変わり、難易度がさらに激増。
セットも少し細かくなり、斜面変化のところでいやらしい具合に旗門がおかれていて、
正直子供たちはこの様なセットは練習では入ったことがなかったので少し戸惑ってしまいました。
僕の責任ですね。。。

その挙句コースはカリカリのアイスバーン。 インスペクション終了後、子供たちに
「ナイトロはこのコース簡単に攻略できる?」と聞かれ、

「もちろん!ポイントを押さえてすべれば簡単だ! 板をずらすところ、捕らえてしっかり板を落としていけば大丈夫だ! オレがコーチだぞ!」 

とたいそうなことをいてしまいました^^; すいません。

その後の子供たちの表情です。

P1040632_convert_20090219071112.jpg

何人か少しナーバスになっていましたが、少し話をしたら元気よくスタートバーを飛び出していきました。

結果は何人かは固いバーンに叩かれましたが、今後の彼らに良い経験になったようです。
最初は保護者の方に「アジア人がしっかりレーシングの指導ができるのか?」的な目で見られていましたが、今回で皆さんともいい関係が作れたともいます。

悔しい思いをし涙をながした選手、今回自分の目標に達することができた選手、色々な子供たちの顔を見ること子ができました。 これがまた明日への自分のパワーになりますね!

PS もう少しトレーニング環境(練習の内容など)を工夫してあげるともっと子供たちが成長することを感じました。 また時間があるときに。

今年の相棒

2009. . 19
やはり僕はスキー馬鹿なのですかね。。。

去年は知り合いの方にお世話になりっきりになっていました。
今年は先日お話したとおり、色々なスキー場に一人で飛び回って無茶しています。
ひとつの大きなNHのスキー場ではお仕事は取れなかったのですが、そこの方といい関係が築けたと思います。

夏にまたインターンかボランティアとして手伝ってくれとのオファーも頂きました。
夏は夏で色々考えていることがあるのですが、時間が許す限りやっていきたいです。

と言うことで今日は別件でNew Hampshire の北に位置するMaineという州に行ってきました。
朝から一人。。。 友達を巻き込もうと思ったのですが朝8時の出発とあって誰もついてきてくれませんでした。 そりゃそうですね。 前日は僕のアパートで飲んだくれてたんですから。

と言うことでいくつかのスキーショップを回ったあと、自分の今シーズンの板を手に入れてきました。

P1040589_convert_20090120132600.jpg

懐かしい板ですね。 アトミックのSL11 05-06モデルです。
3年落ちですが、今の僕には十分ですね。 160cmと少し短いですが。

またブーツは今年で3シーズン目に突入の、
P1040590_convert_20090120132649.jpg

昔からの相棒ですね。 ただトレーニング不足の僕にとっては硬くて。。。
アメリカに来てから築いたのですが、日本人ぐらいですね。
「選手用!選手用!」といっているのは。
必要ないのにね。そこまで。 このプロダクトの付加価値と国民性との相互関係の中に見られるマーケット戦略についてはまた時間があるときに。

早ければ今週の水曜日から稼動開始です。

走りますか! 顔晴りますか!