26.2マイル

2008. . 03
ついに行ってきました。

NYCマラソン

結論から言うと何も出来なかった。 そして色々なことを気づかされた一日でした。
42.195Kmを馬鹿にしていたわけではない。しかしそれは果てしなく大きな壁でした。

ブログの右下にトレーニングの距離が出ていますが、圧倒的に少なかったです。 いつも十キロぐらいしか走らず、なめてたと言う他ならないですね。


走行中は以下のとおり。

ターゲットタイムを腕にカキカキ。
time gaki



~スタート前~
同行させていただいた方々を健闘を誓いつつ、それぞれのスタート地点へ。
そこでアメリカ人とカナダ人の方々とマラソンの話を15分ほど交わす。
選手全員輝いていた。

~序盤2マイル~
スタートして橋をすぐ渡る。走る前に走行基準をフルで4時間45分に設定。それよりか少し早いペース。しかし、体のほうはいつになく順調。景色を楽しむ余裕あり。

~普段の距離 6マイル(10k)~
いつものトレーニングよりは遅いペースで通過。ターゲットよりは10分ほど速いタイム。
胸に書いた
”Japan"
のおかげで皆さんに声援を頂きそれに答えつつ、イベントの運営方法、スポンサー企業などの宣伝や地域の協力などをしっかり頭に入れつつ走行。(この件につきましては後にアップします。)

~ハーフマラソン 13マイル~
思ったほど順調。体もすこぶる快調。ターゲットより17分ほど速い
2時間04分ほどで通過。いけると確信し、ターゲットの変更を図る。
しかし、この時点で自分の過ちに気づくべきだった。

~未知の世界 14マイル~
左ひざの違和感を感じる。しかし、今までのマージンを考えペースダウンし様子を伺う。


~足が止まる16マイル~
まず半膜様筋(膝上内側の筋肉・スキーでもかなり重要な部分)が肉離れ。足が止まる。
しかし、走る前に決めた
「歩いても立ち止まらない」
と言う言葉が頭をよぎりだましだまし走る、歩くを繰り返す。

橋の上で倒れている選手を発見。 心臓マッサージをしていた。 
心が凍る。

~暗闇 20マイル~
マイルごとに救急ポイントが設けられている。 そこの何度立ち止まろうとしたことかわからない。今考えると馬鹿だと思うのだっが、「立ち止まらない」と言うことが頭の真ん中にずしっと座っている。
選手たちに送る市民の声援が答える。 その中に現在Columbiaでご一緒させていただいてるご夫婦の声も。あきらめるわけにはいけない。

~地獄 23マイル~
膝の意識がない。右膝の側・後十字靭帯が悲鳴を上げている。
こんなはずではなかった。気を紛らわすために今後のトレーニングメニューを考える。
やはり筋トレが必要だ。
もうすでに自分の力で前に進んでいたわけではない。観客の方々が応援してくれなかったらあきらめていたかもしれない・

~地獄からゴールまでの3マイル~
ほぼ歩いていた。ラストスパートだからといて根性で何とかなる。と言うものはすでにない。
一緒に走っている選手からは
「もう少しだ!一緒にゴールをきるぞ!」
見知らぬ俺に声をかけてくれる。
何人のランナーがオレの方を叩き、声をかけてくれたかわからない。
つらいのは誰でも一緒だ。 彼らも相当つらいのに自分を後押ししてくれる。
彼らと一緒に26.2マイルを走りきらなければ。

~想像がつかなかった 26.2マイル~
ゴール後、歩くこともやっとだった。 
メダルを渡してくれたお母さんがなんども
「You did it!! You made it!!」(やったのよ!)
何度も言って肩を抱きしめてくれた。
涙が止まらない。これは感動の涙でもあったかもしれないが、
「悔しい」
自分で情けなくてどうしょうもなかった。



goal.jpg



今回の5時間の間に色々なものを教わった。
人間は人に支えられて生きている。他人がいるからこそできるものがある。
スポーツは戦争や争いごとに深い係わり合いがあるが、少なくともマラソンなどには
国境はなかった。観客が選手たちに全力で声援を送り、選手たちが全力でほかの選手たちを励まし、選手自身が全力で26.2マイルを走る。
中学のときのスキー部の顧問のことが頭によぎる。
「感謝をしろ。親をはじめ多くの方々、もちろん顔さえ知らない関係者たちのおかげでお前たちは今雪の上に立つことが出来るのだから。」
いつもこの言葉が頭にあったが、それが世界規模でも可能だということを確信した。


今日は足がまったく動きません。 左足の膝の靭帯が恐ろしいほど痛いです。
でも今日はNJの端っこまでスキーのワックスのセミナーのためにいってきます。
正直歩けません。ある人は行かなくていいんじゃないの?とかやすめば?といってくれます。
しかし、そのセミナーに参加できるチャンスも色々な人のおかげだと思っております。
26.2マイルやりきったんだから少しくらいはあるけるだろ。
鞭打って今日も行きますか!

Paramus 10k Run

2008. . 20
  英語の試験、こけました。 その悔しさを晴らす! と言うわけではなかったのですが、先週の日曜日(昨日)にマラソンの師匠(元ホストファミリー)の子供たちと一緒に近所の10キロマラソンにチャレンジして来ました。


  この大会は去年も参加させていただき、昨年の結果は47分56秒でした。 今回は色々ペース配分をし、以前こちらでご紹介したCW-Xと共にチャレンジしました。

天気はとてもよく、少し風が出ていましたが走りやすい気候でしたね。 一緒に参加したイバイ(13歳?)は今回は記録を更新とまではいきませんでしたがしっかりとした走りで一時間をしっかりきってきました。

また、そのお姉ちゃんのイチョショ(高校生)はなんと記録を4分も更新するタイムで自己新! 二人とも顔晴りました。

私はというと、、、、 テストや院願書提出などの鬱憤を吹き飛ばすため、結構がむしゃらでやってやりました。  記録は

46分36秒

記録更新です。 今シーズン走ったNike Human Race 10k Runよりも10分、そして去年よりも速いタイムで10k自己記録更新。

これを足がかりに2週間後に迫ったNYCマラソンにも調子をつなげられたらと思います。


今回もこの様な地元を中心としたイベントに参加させていただきましたが、今年はアディダスが全面的にスポンサーとして活動しており、近くのレストランやスーパー、運動用品屋さんなどをはじめ、地元ボランティアの方々に支えられて無事運営されていました。
選手として勉強させていただいただけでなく、会場の雰囲気作り、地元地域の活性化など色々今回も勉強させていただきました。


最後に、このイベントを支えていただいた様々な企業、ボランティアの方々、そして今年もお誘いをいただいた師匠一家に感謝の意を表したいと思います。

さあ、次は

NYCまらそんですよ!!!

CW-Xとの付き合い。

2008. . 11
さて 色々ひと段落して(出来はおいといて)来週末に10kRun。 
そして来る11月2日にはNew York City Marathonです。

現在、これらに向けて隙を見てトレーニングをしているのですが、前からこちらで述べさせて頂いてるように



の状態がよろしくないです。

そこで中一のころから長年スキーでお世話になっている
CW-X ワコール社
を、使用しようと考えております。本来なら筋トレをして膝周りの筋力をしっかり鍛えないといけないのですが、筋肉強化と平行して膝への直接負担を少しでも減らすべく使用します。

実は日ごろスキーで使用していたものを使ってランニングを行ったのですが、彼はすでに8年選手。すでに膝へのホールド性はそこまで感じられなかったです。(緩々になってました。)
スキーをしているときはそこまで感じなかったのにね。

と言うことで、明日新しいものを購入しに行こうと思います。
購入用予定はこちら。
CW-X スタビライクス
hzo549.jpg

アルペンでもアンダーウェア系のサポーターではこちらをお客様にも推奨していました。しっかりサポートするにはもう少ししっかりしたもの。 
たとえば僕のお気に入りはスキーで痛めていた時に使用していた
ミズノ バイオギア

SH_50MS50203.jpg

これは膝の主に側十字靭帯をカバーしてくれてたのですが、少しコンセプトが違うとともに、走っている中でこれは少し負担ですね。 しかも42kmはちょっとね。。

ってなことで明日はお買い物をしに行こうと思っております。

冬についても 色々動いていこうと思っております。 
また近々良い報告ができればとが思っております。

最近 皆さんのブログを拝見させていただいてるのですが、冬に向けて皆さんも徐々にあわただしくなってきましたね!!

んん~~~

雪山 最高~~!!!

悲鳴を上げております。

2008. . 09

先日もお伝えしましたが、ひざを軽く痛めて以来、状態が非常にわるい。
マラソンのためにもひとまずバレーボールをお休みしようかしら。 やっぱり負担かかるよね。。。


P1040051_convert_20080906143124.jpg



目標のレースまですでに10週間をきっております。

もしも走れなくなったらすべてが崩れ去ってしまいそうなきがして。。。

でもバレーボールを含めたトレーニングを欠かすと勉強に集中できない自分がいる。。。

は~、 今までトレーニングを怠ってきた自分にすべて責任が圧し掛かります。

スキーを選手としてしていたときは、針をうち、鎮静剤(座薬)を投与して練習・大会に望んでいたのですが、さすがに環境がここまで違うと難しいです。

誰か救いの手を。。。。 
どのようにトレーニングすればよいか作戦を募集!

と言いつつも、今日もきっちり約4キロを30分でしばいてきました。 
ゆっくり両膝のご機嫌を伺いながら走ったのですがやはり違和感がありますね。
武藤敬二選手のようにならないように注意しないと^^;

the Result of Nike Human Race 10k

2008. . 04
先日、参加した

Nike Human Race 10K in NYC

の結果がホームページ上にアップされました。

結果はというと、公式掲示で


「 Hiroyuki Naito (NYC) 56:45 
 
 世界 : 68722位
 NYC : 2630位        」



公式には参加者数は発表されていないみたいですが、世界で100万人以上。
NYCだけで当日確認した数では95,000人以上。

世界最大のすさまじい規模の大会ですね。 改めて驚かされます。

ゴール直後にめまいがし、倒れそうになったのは本当に悔しかったな。。。
トレーニングあるのみですね。

NYCマラソンに向けてトレーニングしますか!


P1040133_convert_20080905145722.jpg

終了後のコンサートにて。